まつげ美容液の実態調査|実際の伸びる効果に個人差あり

時折疑問に思うことがあります。
まつげ美容液に本当に効果があるのかどうか。でもネットでの情報で調べるより、自分で買って使って検証するほうが早いかなと思ったんです。
ただし、この効果は誰にでも当てはまることではありません。あくまで私にとってどうだったかということであって、そういう意味では、自分のためのことであり、参考にならないことも予想されます。
まあそういうことを書いてる人がいるんだなくらいに思ってくれたら幸いです。
長くなりますので、先に今日の特集、カラコンからいってみましょう。

探してて見つけたのが「ワンデーピュアナチュラルフレア」だったんです。
レンズサイズは14.0mmと小さめ?かな。
カラーは3色だけど、着色外径と内径がちょっと違うんです。
リュクスブラウンは着色外径13.2mmで内径は8.2mmでシアーブラウンとシアーブラックは着色外径12.8mmで内径が8.0mm。
口コミでも「薄さ」と「装着感」が良い!って評判ですね。
1日使い捨てワンデーカラコンを好む私にとっては、ワンデーピュアナチュラルフレアはまさに理想かなと思います。
ワンデーを好むのは理由があります。
これはカラコン自体のことではなく、私自信の性格によるものが大きいですね。
というのも、以前はコンタクトレンズをカラーが入ってないのを使ってましたが、長いこと使えるタイプでした。
その際に、お手入れが面倒になったことや、途中でレンズを落として失くしてしまったことがあったんです。
なので、カラーコンタクトにしても今はワンデーと決めています。
長く使えるものはそれはそれでメリットはたくさんありますから、いいとは思うんですが、あくまで自分にとってどうかというとやっぱり1日タイプになるんですよね。
ワンデーピュアナチュラルフレアも使い捨てタイプで嬉しいです。

ワンデーピュアナチュラルフレアのお気に入りの点はさっき書きましたが、レンズの大きさだったりナチュラルさにあるわけですが、他の人がどういう点が気に入って買ってるのかは知りません。
あまり情報を取り入れすぎると余計に迷うだけという気持ちもありますので。
ここ数年、インターネットでの情報があまりにも多いと感じていましたが、それも結局自分でそういう情報に耳、目を傾けようとする傾向があったんだなと痛感しています。
ですので、まずは、自分で情報を取捨選択する必要があると感じます。
何だか固い話になりましたが、口コミだったりランキングに左右されすぎてきたかなと思う出来事がありましたので。
まあそれはいいとして、ワンデーの中でもう一つお気に入りなのがeyemakeなのですが、ブラックとブラウンしかありません。レンズは14.0mmですが、ワンデーと1ヶ月使用があります。色でいうと、eyemake(アイメイク)【ブラック】のほうがどっちかというとですが、好みかなと思います。今までだと、そう思ったらすぐにyahooなんかで検索してたんですが、そこで出てきた情報を鵜呑みにして、自分がどう思うかも考える前に人の意見を見てしまうと、どうしてもそういう先入観で見てしまうんですよね。悪い癖かもしれません。

カラコンが素晴らしいのかそれとも

中で14.5mmでナチュラルに盛れるカラコンも人気ですよね。
度ありでも2,980円で1年使用なんですからコスパいいよね。
7色もあるからお気に入りのカラーが見つかるといいですね。
何をもって「ナチュラル」とか「盛れる」とかっていうかは人それぞれ感覚は違うでしょうね。
私は、
すっぴんでも違和感がない
自然に馴染むカラコン
そんなのがナチュラルかな。
でもね、14.5mmもあったら、黒目の大きさにもよるでしょうけど、違和感でないかな?
そもそも、ナチュラル、自然にしようと思うと、あまり大きいのは無理かな。
でも盛れるってことは、ある程度の大きさがないと変化がわからないし。
だから「ナチュラルに盛れる」ってのは、矛盾してるところもあるよね。
場合は、レンズが14.5mmあるけど、デザインがいいんでしょうね。
度ありでも2,980円、度なしなら1,780円だからね。
1年使用の14.5mmでナチュラルに盛れるといえば、やっぱり人気だね。

とにかくシンプルなイメージがありますね。14.0mmになるんで、かなり小さくなりますが、どちらを選ぶかは好みもあるでしょうけど、盛れるのはそりゃ14.5mmのほうになるよね。

同じく7色もあるカラーについてですが、ブラウンが合わせやすいかと思うのですがいかがでしょうか。
グリーンとかバイオレット、ブルーなんかはなかなか私には着けていく場所がなくて合わないかなとは思いますが、1度はこういう思い切っていつもと違う自分を探してみたいってのもあるんですけどね。
いずれにせよ、カラーが豊富に揃ってるのは嬉しいことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket